中日・落合監督、退団。びっくりだけど、落合さんの今後に期待。

Yahooのトップ記事に「落合監督今季限り 後任高木氏」の見出しを発見。「えっ?!何で? しかもどうしてこのタイミング? しかも後任高木さん?」「???」なニュースですね。実情はわかりませんが。

かつてはドラファン、今はむしろ落合ファンの私です。落合さんのファンってあまりいないと思いますが(笑)。ほんとうにこんな名監督、そうそういないと思います。ずっとAクラス、優勝も日本一にもなったり。でもなぜか人気がない。どちらかというと嫌いな人が多い?のかな。実業界なら名社長です。こんなに結果を出しているんだから。

この方は、上に立つものの役割に徹しているところが素晴らしい。ブルペン整備などの仕事環境づくりにはじまり、スポーツ選手に自営の職業人としての意識をもたせることや、過剰な口出しはせず「目覚め」や「気づき」による内部からの底上げを図ったり、負け試合では選手をとがめるようなマスコミ発信は一切せず、自分で責任をかぶったり。。。その功績は枚挙にいとまがないくらい。

そんな落合さんの素晴らしさはこの本によく出ていると思います。

コーチング―言葉と信念の魔術

著者/訳者:落合 博満

出版社:ダイヤモンド社( 2001-09-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,450

単行本 ( 219 ページ )

ISBN-10 : 4478720215

ISBN-13 : 9784478720219



監督就任前に書かれた本なんですが、監督どころか正コーチの経験もないのにすでに監督としての考えを確立されており、ここに出てくる内容・考えをそのまま、監督になってから実践されている。とても素直でシンプル。だからすごい。へそ曲がりイメージの強い人ですが、それは形骸化した常識にとらわれず本質を見抜いて、常に新しい何かを生み出していく開拓者だからかな。発想がクリエイティブなんですよね。こういう人が社長だったり、政治家だったりしたら良いのになあと思います。

次はどこの監督をやるんだろう?野球はやらないのかな。やるんだったら、ぜひ横浜ベイスターズの監督をやってほしい。最下位が定位置になっているようなチームをいかに改革し、Aクラスにもっていくか。プロの選手は本来、全員が厳選に厳選された「特別な人たち」なのだからそれほど差がないそうです。(中日監督就任時、テコ入れせずに翌年優勝した実績もあるし)またその素晴らしい手腕を見てみたいですね。落合さんの今後の動きに期待しています。

でも、まずはその前に、中日ドラゴンズのペナントレース優勝&初連覇、CS一位通過、そして日本シリーズ制覇を実現し、有終の美を飾っていただきたいですね。がんばれ!!

カテゴリー: 社長文録(ブログ)