愛知県日進市|米野木町 洲原社の紅白桜

日進市米野木町洲原社の紅白桜

日進市米野木町洲原社の紅白桜

日進市に移り住んで20年近くになりますが、うちからそれほど遠くないところに、 続きを読む ›

カテゴリー: まちコミ(街の口コミ)

IPラジオ、いいね。

毎日、PCに向かっている時間がけっこう長いです。iTunesの手持ち音楽やネットラジオを聴きながら仕事したりしてますが、毎日聴いているとだんだんマンネリ化してきます。ネットラジオも有線みたいに繰り返し放送するので、それも飽きるわけです。 続きを読む ›

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

広告業界の人はみんなもう、わかってるよね

2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える

著者/訳者:植田 正也

出版社:日新報道( 2011-11-01 )

定価:

単行本 ( 222 ページ )

ISBN-10 : 4817407344

ISBN-13 : 9784817407344



すっかりおなじみになった「XXXX年の広告会社」シリーズ。今回は2015年バージョンです。「広告」というビジネスモデルが崩壊し、もう広告会社はなくなります。同感です。 続きを読む ›

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

プラネッタ2012メッセージ

2012年の幕開けです。
さて今年はどんな年になるでしょうか?
地域社会、経済・産業界、そして日本・世界が元気に、より良くなっていくために。がんばっていきたいですね。
今年一年、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

Jazz Night in 岐阜。

Jazz Night in 岐阜

いよいよ今年も残すところ1週間。早いものですね。
昨日12月23日の夜、JR岐阜駅隣のじゅうろくプラザで行われた「岐阜大学軽音楽部 NewStars Jazz Orchestra/第47回定期演奏会」を聴きに行ってきました。実は私はその軽音楽部のOBでして、自分が出演した定演はたしか第18〜21回だったよなあと思い出すと、おっそろしいほどの月日の流れを再認識してしまいます。実際に出演している大学生は、自分の子どもでもおかしくないくらいの年齢。さすが若い人たちはクリエイティブというかエネルギッシュというか、時代を反映しているエンターテインメントが繰り広げられました。自分たちの頃はもう少し本格的なJazzの要素が多かったように思いますが、うん十年経って音楽やカルチャーも一段と成熟しているわけで、自由にのびのび、まさに音を楽しむ感じのステージでしたね。しかし20歳前後という若さはほんとにうらやましい。若い世代の思考や志向、感覚をお裾分けしていただきました。

カテゴリー: 音・道・楽

40歳ちがいのライバル

SONYスタジオ1700

かたや1973年生まれのSONYのラジカセ CF-1700(通称スタジオ1700)。かたや2011年生まれのiPhone4S。どちらも私の愛機です。iPhoneはコンパクトでスマートで高機能、デザインも美しいです。SONYスタジオ1700はメカメカしてますが、これはこれで美しいデザインだと思います。まさにデジタルvsアナログ。フューチャーvsレトロ。とても味わい深い存在です。 続きを読む ›

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

愛知県日進市|名鉄日進駅前の変遷



住みよさランキングで毎年上位に顔を出す愛知県日進市の、名鉄日進駅前の1988年から2001年までの変遷です。マンション群が建ち並び10年間で大きく様変わりしたの­がわかります。

カテゴリー: まちコミ(街の口コミ)

中日・落合監督、退団。びっくりだけど、落合さんの今後に期待。

Yahooのトップ記事に「落合監督今季限り 後任高木氏」の見出しを発見。「えっ?!何で? しかもどうしてこのタイミング? しかも後任高木さん?」「???」なニュースですね。実情はわかりませんが。 続きを読む ›

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

今日は何の日? 蟬蛻の日

今朝、蟬の脱皮シーンに3件も遭遇しました。脱皮シーンを眼前で観るのも初めてなのに、いきなり3件も出会うなんて。台風一過を蟬たちが待ちわびていて、ちょうど早朝だったものだからたまたま出くわしてしまったのかも知れませんね。写真はクマゼミですが、アブラゼミにも出会いました。クマゼミは特に、羽根が透明だから、鮮やかなエメラルドグリーンの翅脈(というのかな?)とともに、美しさが際立っていますね。 続きを読む ›

カテゴリー: 社長文録(ブログ)

シネマグラフで暑中お見舞い申し上げます。



最近巷でというか、ひそかに流行っているらしい(かどうかわからない)、シネマグラフという手法で暑中見舞い画像を作ってみました。シネマグラフというのはいわゆるGIFアニメーションを応用した、動画風静止画みたいなものです。(静止画風動画というのかな?)
正式な作り方を習ったわけではないので、自分で撮影した写真を適当にGIFアニメにしてみました。動かない写真よりも、少しばかり涼しげになる気がします。フラッシュムービーとかよりも古典的な手法で、アナログチックなところもいいですね。

カテゴリー: 社長文録(ブログ)